音声よみあげ

配色変更

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

薬局

特色

薬局では、患者さんのQOLの向上を第一に考え、患者さんを中心に、医師、看護師を含むチーム医療の一員として、安全で質の高い薬物療法を提供できるよう努めています。

スタッフ

薬剤師3名、助手1名(北見赤十字病院より応援)

調剤

調剤室では、主に入院患者さんのための調剤を行っています。外来患者さんの薬は、特殊な事情がない限りは院外処方箋対応となります。薬剤師は、医師が処方した内容が適正であるかを確認してから調剤を行い、疑問点や問題点がある場合は、医師に疑義照会を行った上で調剤を行います。

 

また、患者さんひとりひとりに合わせた調剤(一包化、簡易懸濁等)を行っており、病棟管理の患者さんの薬に関しては、配薬ケースへのセットを行い、看護師と連携しながら正確な与薬管理を行っています。

注射薬調剤

注射薬調剤

  

注射薬についは、注射処方箋に基づいて、患者さん毎に取り揃えています。その際、投与経路、投与速度、投与時間、配合変化などを確認しています。特に、当院では透析を実施している関係もあり、腎機能が低下した患者さんが多いことから、検査値に注意しながら適正な投与が行われるよう努めています。

抗がん剤調製業務

  • 注射薬調剤
  • 抗がん剤調製業務
  • 抗がん剤調製業務

肺がん学会ガイドラインに則り、外来・入院にて肺がん化学療法を行っています。薬局では、抗癌剤無菌調製手順解析システムを導入しており、調製時には、安全キャビネット、閉鎖式抗がん剤調製システムを使用することで曝露対策を講じています。

患者さんの体重、体表面積、検査値等の基本情報を基に投与量や投与スケジュールの確認を行い、有効で安全な治療ができるよう努めています。

薬品管理業務

抗がん剤調製業務

医薬品の購入および在庫管理、使用期限の管理を行っています。 また、病棟、外来、手術室、透析室の定数配置医薬品の管理を行っています。

医薬品情報管理

医薬品情報管理室を設置し、新薬情報、副作用情報をはじめとした医薬品に関する様々な情報を収集しています。月1回「Drug News」を発刊し、院内の医療スタッフに情報提供を行っています。

また、注射薬の配合変化等、医療スタッフからの質問に対応し、質疑応答内容については、電子カルテ内にDI実例集および注射薬配合変化一覧としてデータベース化し、情報を共有化しています。

薬剤管理指導

薬剤管理指導

患者さんの入院から退院までの薬の管理を行っています。入院時には持参薬の鑑別を実施し、相互作用や重複投与の確認等を行い、医療資源の有効活用と患者さんの負担軽減の観点から、持参薬を効率的に使用する形で調剤を実施しています。 また、副作用歴、アレルギー歴なども確認し、安全な薬物治療が行えるよう医師・看護師に情報をフィードバックしています。 入院中は、患者さんのベッドサイドに伺い、正しい服用方法、効果、副作用等の情報を提供し、アドヒアランスの向上のサポートをさせていただき、退院時には、薬薬連携(病院と院外の薬局の薬剤師が情報を共有し、連携すること)のため、お薬手帳に入院中の処方変更内容、副作用の状況、調剤上の工夫等を記載して対応しています。

チーム医療への参加

院内の各種組織に参加し、適正な医薬品の管理が行われるようチームで活動しています。

感染制御チーム(ICT)
抗菌薬使用状況の確認を行うほか、各種ラウンドに参加しています。
栄養サポートチーム(NST)
薬学的観点に基づき、適正な経腸・静脈栄養療法が行われるよう対応しています。
リスクマネジメントチーム
インシデント・アクシデント事例の分析を行い、システムや環境の整備、マニュアルの改定等を行っています。
ハートチーム
北見赤十字病院と当院の多職種が連携し、循環器診療・ケアの課題解決の検討を行っています。

指定管理者制度について

北海道立北見病院

当院は、北見赤十字病院と連絡通路でつながっており、2018年4月1日より、指定管理者制度が導入され、北見赤十字病院により運営が行われています。 これに伴い、薬剤師も施設横断的に連携し、一体的に業務を行って行くことを目指しています。また、北見赤十字病院では、薬学実務実習において、地域の病院とグループ体制で薬学生を受け入れ、薬学教育にも積極的に取り組んでいますが、実習の一環として、当院で心臓血管外科手術や血液透析などの見学を行っており、薬剤師として、知識や経験の幅を広げていただく機会になればと考えています。